認知症を予防する、意外で簡単な方法とは?

高齢化社会で、認知症を発症する人が増えてきています。

どれくらいの人が認知症になるのでしょう?

 

60代後半では2%にも満たない程度の人が発症し、

そこから5歳毎に倍くらいの割合に増えていきます。

<認知症を発症する人の割合>
65~69歳:約1.5%
70~74歳:約3.5%
75~79歳:約7%
80~84歳:約14.5%
85歳以上:約27.5%

85歳以上では約4人に1人が発症しています。

 

歳を取れば誰でも認知症になる・・・というのは大きな間違いですが、

決して少ない割合とは言えませんね。

 

認知症になったら、周りの人も大変ですが、

自分が自分で無くなるようで、怖いですよね。

 

<認知症の予防>

そんな認知症を、簡単な方法で予防できる可能性が出てきました。

それは「水素水を飲むこと」です。

 

日本医科大の研究で、

1.マウスの体内の活性酸素を増やすと認知症に似た症状になる

2.そのマウスに水素水を飲ませると症状が軽減される

ということがわかったのです。

 

しかも水素はすぐ抜けてしまうので、

大量に飲んでもまったく害は無いそうです。

こんな簡単な方法で予防できるのなら、試してみてもいいですよね。

おすすめ 水素水
水素水効果

効果 水素水